修理キットで自分で解決|最新機種でも大丈夫:iphoneパネル修理ならプロにおまかせ

最新機種でも大丈夫:iphoneパネル修理ならプロにおまかせ

作業者

修理キットで自分で解決

女性

どの程度の故障なら可能か

ご自分で修理するにあたって、まず第一に使っているスマートフォンがiPhoneであることが限定されます。日本国内のiPhoneのシェアは実に49%以上でスマートフォン利用者の2人に1人が利用している計算になります。そのため関連パーツや専門の業者も多く、修理キットなども通販で手軽に購入できるのです。次に、修理箇所の確認です。市販の修理キットを使用して自分で修理できる箇所としてはバッテリーや前面ガラスといった部分に限られます。液晶が映らない、使用中にすぐに落ちる、電源等の不具合が発生しているといった場合等は専門の業者か購入したキャリアなどに相談した方が賢明です。また、修理にはDAP-01などの特殊な精密ドライバーが必要になりますから予め用意する必要があります。

修理キットが人気の理由

iPhoneに限らずスマートフォンの一番の故障箇所は液晶の破損です。ゴリラガラスといえども100%落下衝撃に耐えられる補償はありませんから、日常的に使用する機械の多いスマートフォンではどうしても液晶にひびや割れといったトラブルが生じる可能性が高くなるのです。iPhoneの修理は、何らかの保険に加入していればかなり少ない費用で修理を依頼することが可能になりますが、そういったサービスに加入していない場合、液晶の交換は10,000円以上、バッテリー交換は7,000円以上掛かることがあります。自分で修理する場合は、特殊精密ドライバーも付属して3,000円程度のキットを購入すれば済みますからかなり安く上げることが可能になります。補償に加入していない場合などは自分で修理してみるのもいいかもしれません。しかし、日常生活に追われている方は自分で修理をする時間がとれないと思います。そんなときは修理業者に頼んで治してもらいましょう。修理費が不安という方は、iPhoneの修理費の見積もりをしてもらいましょう。見積もりそのものは無料で行っているところが多いので、まずは業者に状態を確認させてみるのがおすすめです。